人に自慢できる物がいい。 - 親のような高齢者は、なぜ?伝統工芸品を好むのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に自慢できる物がいい。

高齢者は、親しい人とのコミュニケーションを大切にします。
年賀状の枚数からも、長く、深いお付き合いをしている方々が相当数おります。
特に、兄弟の多い世代なので、田舎で親戚づきあいが頻繁にあって、かなりの頻度で、来客があるのも珍しくありません。

伝統工芸品の器は、お客さんが、来たときに、好印象を与えることができます。
お茶を出したり、あるいは食事を出すときに
器一つ違うだけで、印象が変わります。

「ここの家は、ずいぶん上品だなぁ!」って
思って頂けます。

そこには、昔から受け継がれてきた「おもてなし」と言う伝統の力が秘められています。
日本の古くからの伝統文化を重んじる家庭は、日本人として、しっかりした信用のおける人たちだと、思わせることもできるのです!

毎日使えるちょっと贅沢な器があります。
使う人を元気にしてくれる、幸せにしてくれると言う願いを込めて、ひとつひとつ丁寧に作られた作品です。

しかも、毎日たったの10円、1年間で3,650円、そんな手に届きそうな価格で、
親の生活に、上品な潤いを吹き込むことができます。
プロの陶芸家の職人さんと、いつもつながっている感覚が芽生え、好きな物に囲まれた生活が楽しくなり、毎日、食事やお茶をすることが今まで以上に楽しくなります。


こんな贅沢な逸品を親にプレゼントをしてみては、いかがでしょうか?





スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。